【裏話】コミュ障現状維持ルート

中年コミュ障に会いました。

 

いきなりですが、ぼくが以前に体験した「衝撃」をお伝えします。

コミュ障の「未来」の話でもあります。

(今日は趣向をかえて裏話になりますが、少々荒い表現についてはご了承ください!)

 

その人は「ママ友の旦那さん」でした。

 

その日はいちご狩りに出かけたのですが、たまたま予約が同じ日でばったり会いました。

ぼくはその奥さんと顔見知りなので、挨拶がてら立ち話をし始めたのですが、そこを例の旦那さんがお子さんをつれて自動車から出てきました。

そして、挨拶なしに3人で話している横を素通り

 

ん?と思ったけど、子どもをあやすのに気を取られたのかな?と考えました。

 

だけど、集合場所に集まった時。

こちらから挨拶したら、歪んだような表情で会釈されました。

なんとも言えない負のオーラというか、目があったから渋々挨拶した感じで、顔もひきつっていた気がします。

正直、濁った目をしていました。

(久しぶりにそんな目をみました)

 

そのあとは完全に関わらない雰囲気でした。

至近距離にずっといるにも関わらず。

 

ぼくら夫婦は彼の奥さんと会話しているし、相手のお子さんにも何かしら声をかけていた。

けど、旦那さんは自分の家族としか話さない

まるでこちらが存在しないかのように。

 

手を伸ばせば届く距離にいるのに、ぼくらと目線を1度も合わさず、会話もせずでした。

(お子さんですら時々こちらに来たのですが)

自分の子どもにピッタリとひっついて離れず、こどもといちごを食べて移動するだけで1時間が経過して。

終了の時刻がきて、今度は完全に挨拶する前にそそくさと自動車にのって帰宅。

 

これは何の光景なのか…?

悪い冗談にしか思えませんでした。

40半ばのいい大人が気難しい中高生のような振る舞いを。

ビックリしすぎて、なにかの映像をみている気分になりました。

 

そりゃたまの休日で見知らぬ家族と交流するのは、正直ノリ気じゃないかもしれない。

家族水入らずの予定だったかもしれない。

 

いやだけど、最低限はあるでしょ、と。

社会人歴20年以上なら、もっとまともに振る舞えるんじゃないの?

やる気なくてもできるでしょうよ。
内心は置いといたとしても。

というか、そうするよね?いい大人なら。

 

もちろん家族もいて働いているので、社会人としてはまともでしょう。

結婚しているから、コミュニケーションもできるかもしれません。

たんにそういう「主義」なのかもしれません。

 

でも、「アレはない」と感じたんですよね。

妻もきついコメントを連発していました。

「覇気がなくてやばかった」
「負のオーラが漂っていた」
「いい大人があれはない」

などと手厳しかったです。

 

なぜ彼はこうなってしまったのか?

 

(考えたくないけど)考えてみます。

 

まず、「マインド」がおかしい。

というかおかしすぎる。苦笑

 

聞き及ぶに、いちご狩りでの振る舞いは「いつものこと」らしいです。

「ああいう人」
「社交性がない人」

らしいです。

 

耳に入ってきた話では、たとえば、奥さんのご両親が家にきたときも、彼はソファーで「一日中」寝ていた、と。

信じられないですが、義理の両親の目の前でグースカ寝てしまえる、と。

そういう神経の持ち主らしいです・・・

 

いやいや、「寝る」って発想ふつう出てこないでしょ

たとえ一時的にソファーに横になったとしても、「一日中」はないだろ、と。

せめて寝室で寝ろよ、と。

 

こういう「子どものような振る舞い」が平然とできてしまうのは、マインドセットからして(言葉を濁さずに言うと)イカれている

恥ずかしくてできないと思うけど、できてしまうんですね。

 

さすがに、この記事を読んでくれている人はこのレベルではないと思います。

 

でも、マインドは相対的なんですね。

ぼくも身に覚えがありすぎですが、マインドが高い人からみると「おかしいな振る舞い」になっているケースが多い。

 

無意識にやっていることが、他人には謎すぎてミスコミュニケーションを生んでいたりします

「この場面ならこうする」ところで何もしない。
手伝うタイミングなのに棒立ち。

こういうのが致命的なのですが、本人だけは気づかない

 

だから「マインド」は重要だし、「ここが全て」だったりします。

 

 

そして、「知識」です。

彼はおそらくコミュニケーションの勉強はしてないでしょう。

てか「絶対してない」でしょ。苦笑

 

だから、「おかしいかも?」と一瞬感じても、自分の頭で考えることができない

 

昔は分からないですが、知識の獲得をやめて長い年月がたっている気がしてなりません。

もう諦めきって、思考回路が腐りきっているはずで、疑問すら出てこない状態でしょう。

(最低限の知識さえあれば、まだやりようがあったものを…)

 

 

以上が分析になります。

ドヨンとした気持ちになったかもしれませんが、まずは「私見」を述べさせていただきます。

 

完全に余計なお世話ですが、彼はあまり幸せでない晩年を過ごしそうだと思いました。

赤の他人ですが、心配です。

今はいいかもしれませんが、現代の結婚生活は非常にもろくいつ崩壊しても不思議ではないし、そういう事例は身近にいくつもあります。

 

そして、奥さんの口から聞こえてくるのは彼に対する「愚痴」や「文句」だけ。

いつまで続くかは怪しい。

今は子育て中なので大丈夫かもしれませんが、離婚へのカウントダウンは着実に刻まれていることでしょう。

 

せっかく掴んだ「小さな幸せ」が自分の怠惰で崩壊するかもしれない

そういう「危機感」すらないのが、ぼくは残念でならないです。

 

 

以上が、ぼくのメッセージでした。

 

「マインド」「知識」がほんと大事。

死ぬほど重要。

なぜなら、大人としての「信頼関係の構築」が絶望的になるからです。

(もちろん会話も)

 

反面教師すぎる人でしたから、十分理解していただけたと思いますが。苦笑

 

そう、コミュ障を治そうと思ったら、この2つがマジで欠かせない。

マインド・知識をちゃんとしない限り、明るい未来はこない

20年の経験からこう断言できます。

 

 

そして、このマインド×知識は「自己投資」で手にいれることができます。

 

年齢が近いので対比させますが、曲がりなりにも、ぼくがコミュ障を脱することができたのは自己投資をし続けたからです。

 

最初の10年は時代に恵まれませんでしたが、モチベーションや問題意識の「維持」には貢献してくれたと思います。

そして、後半は投資を加速させたら、それにともなって成長も飛躍したのです。

 

もちろん「金額」だけでなく、「時間」や「労力」もそこには含まれます。

うまくいかない時期から、ぼくはこれらを惜しみなく自分の「未来」に賭けていました

 

かたや彼はどうでしょう?

おそらく自己投資の概念が欠如しています。

 

あまったお金や時間は間違いなく遊びやゴロゴロするのに使い果たしてきたはず。

休日は夕方ごろ起きてきて、奥さんが神経すり減らしながらワンオペ育児している横でゲームに熱中する。

そうやって「幸せの土台」となるコミュニケーションに向き合うことなく、わずかに残された「家族との絆」も自分の怠惰で削りとっている。

そのようにみえてなりません。

 

もし彼に自己投資概念のカケラでもあったら?

今の赤信号点滅しまくりの人生にはならなかったでしょう。

 

 

これで終わりになりますが、最後に注釈を。

 

手厳しい表現が多かったですが、彼の人間性を否定する意図はないことをご理解くださいね。

コミュニケーション的観点から純粋に書いたつもりです。

誰にでも「事情」や「背景」があるし、家の中のことは他人には分からない事は知っています。

 

ただぼくはこうなりたくなかったし、人と関わる人生を歩みたいということでした。

あなたはどうでしょうか?

 

ではまた。