ゼロからの会話戦略

Today's topic 人間関係のスタート


どうも、永田です。

電子書籍は、もう読んでもらえたでしょうか?

 

電子書籍

『コミュ障克服のための王道パターン』
※書籍タイトルをクリックするとリンク先にとびます

ー電子書籍必読ポイントー

  • コミュ障を克服した4人の物語
  • 現実的”なコミュニケーション学習法
  • 人生レベルの変化には○○○が必要
  • コミュ障改善の”ゴール”とは?!

 etc…

 

電子書籍を読む時間は「約20分」。

「1万字」ですが、一般書籍に比べると短く、内容も「わかりやすい!」と感想をもらっています。

自分で言うのもアレですが、コミュ障克服に関する貴重な情報に

 

「20分という短い時間」

 

を投資できないのだとしたら…

正直、その感覚では先が思いやられます。

あなたが心配です。

 

また、こう思う人もいるかもしれません。

「永田の文章がなんか偉そう」

はい。

おそらく一定数いると思いますが、「偉そう」と感じながら読むと100%頭に入ってきません。

合わない場合は、メールを解除してくださいね。

 

 

はい。

というわけで、本編に入ってまいります。

 

会話は何のためにするのか?

 

考えたことはありますか?

ぼくは不思議とコミュ障時代に会話目的について考えたことがありませんでした。

あれほど会話を意識していたのに、です。

 

でも、重要なのでこの話から始めます。

「近づきたい」
「仲良くなりたい」
「信頼関係をつくりたい」
「間を持たせたい」

目的は1つではないでしょうが、コミュ障にとって大事なのは

 

“初期段階の
コミュニケーション“。

 

おそらく相手は

この人って、どういう人?

が目的になるでしょう。

あなたの「人柄」「性格」「考え方」を知りたがっていますし、さらに、

「自分と”相性”がいいのか悪いのか?」
「”味方”なのか”敵”なのか?」

ここら辺までジャッジしているでしょう。

 

「…え、厳しくない?」

 

と思うかもしれませんが、あなたも“似たような判断“をしているはずです。

あなたも

「この人とは合わなさそう」
「ムリかも」

と無意識にジャッジしていますよね?

遺伝子レベルの本能といえます。

(これが生死を分けた時代が数十万年も続いた)

 

ぼくが「職場でういていた時期」のことです。

ふだんろくに絡まないのに、飲み会の席で研究室の学生や同僚と仲良く話そうとしていました。

完全に自己都合のコミュニケーション

当然、話しかけてくれる人はいませんでした。

「警戒されていた」と言えるでしょう。

 

この時期は言わば、

 

テスト期間

 

このテストに合格しないと、その後に続く人間関係のプロセスがシャットダウンされます。

だってそうですよね?

不合格な訳ですから。

“ナシの人“と仲良くするほどヒマではない。

 

では、逆の場合ならどうなるか?

これは分かりますよね。

もう歓迎ムードで、何か話せば相手から好反応がもらえるし、黙っていても話しかけてくれる。

どんどん関係が発展していくことでしょう。

 

このように最初のテストに合格するかどうか?

これが“人間関係の登竜門“であり、ファーストトークが勝敗を決すると言えます。

だから、(キホン的な)会話力が死ぬほど重要なのですが、これから一連の記事で、その

 

会話戦略

 

についてお伝えしていきます。

具体的なノウハウよりも、まずは「全体像」

そうして始めて、テクニックが活きますからね。

 

とくに、知るだけで変われる可能性もあります。

技術習得には時間が必要ですが、「もっている技術の発揮」はそれほど時間はかかりません。

「急に会話が楽になった」なんてことも。

 

そして、本当に大事なのは、

 

相手は会話能力を
みているわけじゃない

 

ということ。

苦手意識が強すぎるあまり、会話自体に注意がいきがちですよね?

「会話がちゃんとできているか?」
「何話せばいいかな…?」
「つぎの話題どうしよう…」

などなど。

 

しかし、相手がみているのは「そこ」ではない。

会話に”つきまとう”アレコレ。
会話を通して”表現すべき”アレコレなのです。

次回以降、この重要な「アレコレ」についてお伝えしていきます。

 

 

【追伸1】

「それ、知ってる」

この記事の読者は勉強熱心だと思います。

今の時代、本気でネット検索すれば、だいたいの情報は手に入るでしょう。

 

でも、不思議じゃないですか?

情報があるならコミュ障で悩まないはずです。
サクッと攻略できているはずです。

だけど、現実はそうなっていない。

 

そう。

トップ1%しか知らない情報

があります。

ゲーム攻略本をもっている人” と
ゲーム攻略経験がある人

では、やはり、もっている情報に差がつき、

「経験によってしか得られない情報」
「結果を出すために欠かせない情報」

という”格差”が生まれます。

 

ただ、それも”基本”とともにお伝えせざるを得ないので、「それ、知ってる」となりがち。

これではもったいない。

ですから、”1%の情報“に集中してもらいたい。

ほしいのは「情報」ではなく「結果」。

このマインドがきっと成否をわかつでしょう。

ではでは。

 

【追伸2】

明日公開される講座Part.2の内容は…

  • コミュ障は”手ぶら”で会話をはじめる?!
  • 【裏工作】最重要ポイント3つ!!
  • 微妙な○○が微妙な関係を生む…
  • 警戒センサーを超えるための【行動】
  • 恐ろしや!「○○の評価」で判断される

   etc…

 

この3大ポイントをおさえれば、厳しいコミュニケーションの現実もスイスイ泳いで渡れます!

お楽しみに。

 


■バックナンバー


【 Writer: 永田耕平 】

コミュ障の生態に精通し、10代〜40代の男女を中心に、職場や学校におけるコミュニケーションの改善を支援。

会話術・処世術をこえる「人間関係構築論」を駆使し、アドバイスを行っている。科学研究でつちかったロジカルな分析を得意とする。

無口に特化したコンテンツも発信しており、超キホン的な悩みにも寄りそえるバックグラウンドを持ちあわせる。

>>>永田耕平プロフィールはこちら<<<